KOBA式体幹☆バランス ストレッチポールって何? ~安心堂南砂接骨院~

11月になりました。

 

季節も秋になり肌寒い日も増えてきました。

 

 

体調を崩さないように気を付けてくださいね!

 

さて、今回は『KOBA式体幹☆バランス』の紹介をします!

 

 

前回のストレッチ⑥で基本編のストレッチメニューは紹介し終わった為、今回からは『ストレッチポール』を紹介していきます!!

 

 


 

まず初めにストレッチポールとは何かを今回の記事では説明したいと思います。

 

b00f9vw8sc

 

 

ストレッチポールとはストレッチから体幹トレーニングまで行える円柱状の道具になります。

 

アスリートからリハビリ現場まで様々なシーンで活用されています!

主な効果としては

 

  1. 筋肉を緩める
  2. 背骨のアライメントを整える
  3. 呼吸しやすくする
  4. 副交感神経を優位にする

というものがあります!


1.筋肉を緩める

現代人の生活様式ではデスクワークが多い為に体の前面の筋肉が優位に働いてしまいます。

 

その為に身体の前面の筋肉が強張ってしまい、前面と後面の筋肉のバランスが崩れてしまいます。

 

ストレッチポールを使う事で自身の体の重さを使い、体の前面の筋肉を緩めます。

 

2.背骨のアライメントを整える

 

背骨は本来S字状のカーブを作っていて、下から伝わってくる頭への衝撃を緩和しています。

 

日常生活での前かがみの姿勢での作業や、脚を組んだりすると筋肉が固まってしまいS字状のカーブが崩れてしまいます。

 

背骨の配列(アライメント)が崩れたまま固まってしまうと猫背になってしまったり腰が曲がってしまいます。

 

ストレッチポールをすることで背骨の動きを促し、背骨本来のS字状のカーブに戻してくれます。

 

3.呼吸しやすくする

 

猫背などの前かがみの姿勢になると息を吸っても胸が広がりにくくなります。

 

体に入る酸素量が減ると全身の細胞が酸欠状態になったり、血流量の減少、疲労の増大などの影響が出てきます。

 

ストレッチポールに乗る事で背骨で体を支える為、胸が広がりやすくなり呼吸しやすくなります。

 

4.副交感神経を優位にする

 

パソコン作業やスマホを寝る前までいじっていたり、ストレスなど現代人の生活スタイルは

自律神経の中でも交感神経が優位に働きやすくなっています。

 

交感神経が働きすぎてしまうと血管が収縮しっぱなしになったり、疲労が溜まりやすくなってしま志ます。

 

体をリラックスするには副交感神経を優位に働かせなければいけません。

 

ストレッチポールに乗る事で、筋肉が緩み、呼吸しやすくなることでリラックス効果があり副交感神経を優位に働かすことが出来ます。


ストレッチポールが手元にない場合は、バスタオルを使って代用しましょう!

 

バスタオルを1~2枚用意し、円柱状に丸めます。

 

円柱状になったバスタオルの両端を紐や輪ゴムで結ぶだけで簡単に作ることが出来ます!

 

 

87745d9246c442d9830bf4bc86838bac

 

一つ用意しておくだけでいつでもセルフケアを行えるようになるので損はないと思います!

 

皆様もぜひ活用してみて下さい!!

 

 

 

安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information