40代男性 太ももの肉離れ ~安心堂南砂接骨院~

こんにちは!

 

久しぶりにで来院された患者さんの事を伝えたいと思います。

 

 

週末に野球をやっている方です。

 

ゴールデンウィーク中の練習中に走り出した瞬間にお尻に近い太ももの後ろに痛みが出てきたとの事です。

 

痛めた後はご自身でアイシングの処置をしたそうです。

 

来院されたのが痛めて1週間経ってからでした。

 

来院された時は、痛み自体は落ち着いてはいましたが、踏ん張る動作が嫌な感じがするとの事でした。

 

施術は、初回は患部は触らずに周りの緊張をとる様に処置し、テーピングを貼っています。

 

2回目以降は少しずつ患部も触るように施術をしています。

 

ご自身でも出来るストレッチなどのセルフケアの方法も伝えています。

 

今の状態は、痛みは無く嫌な感じもほとんどない状態まで調子は上がってきています。

 

最近、大会があって良い結果だったと報告を受けました。次は7月に大会があるそうです。

 

 

肉離れは、ストレッチで予防が出来る怪我です。

 

特に運動する方は、動く前後のストッレチをしっかりやるように心がけましょう!

 

 

 

 

安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information

東京都江戸川区中央 30代男性 ギックリ腰 ~文化センター前接骨院~

久々の投稿になってしまいました(>_<)

 

 

今日も、暑くて夏のような日でしたね。カラッとしていて気持ちよかったです。

 

 

これから梅雨が来ると思うと少し憂鬱です(>_<)

 

 

梅雨のジメジメに負けない体づくりを心掛けていきましょ(^O^)

 

 

初診の方が、腰を痛めて来院されました。

 

 

お話を聞くと、体を痛めた事がほぼ無く、接骨院に来るのも初めてという事でした。

 

 

歩くのも辛そうな状態で、少し体を動かすだけで痛みが走るようでした。

 

 

とても辛そうでした。

 

 

 

チェックをすると、骨盤の関節の捻挫でした。

 

 

①アイシング

 

 

②骨盤の矯正

 

 

③固定

 

 

 

初期治療はこの三つがとても大事になります。

 

 

 

特に、骨盤の関節は調整するのが難しいので、専門家に診せないと良くならない事が多いです。

 

 

当院は、骨盤の関節調整が得意なので、是非ともご相談下さい。

 

 

 

この患者様ですが、本日で3回目の施術でしたが、殆ど痛みの無い状態でした。

 

 

経過が良くて大変良かったです。

 

 

 

まだまだ気を抜かず、頑張りましょう(*^_^*)

 

 

 

~身体と心の拠り所~   文化センター前接骨院

〒132-0021 江戸川区中央4-24-9

TEL/FAX 03-5879-6241

HP:http://anshindou.jp/informatio

KOBA式体幹☆バランス ストレッチ② ~安心堂南砂接骨院~

 

 

 

 

 

 

こんにちわ!

安心堂南砂接骨院です。

 

今回は『KOBA式体幹☆バランス』のストレッチメニューの2つ目を紹介します!!

 

 

 


 

 

臀部ストレッチ2 

~大臀筋・梨状筋~

IMG_4312

         ⇩

IMG_4316

 

・両腕をカラダの後ろに着いて座り、立てた膝に外くるぶしを乗せて脚を組む。

 

 

・その姿勢から脚を内側に倒す。

 

 

・両腕で膝を抱えて、息を吐きながら胸に引き付ける。

 

 

・上体が後ろに倒れないように背筋を伸ばす。

 

 

・3秒で伸びる形を作り、7秒間キープする。

 

 


 

前回紹介した臀部ストレッチ①からの応用です。

 

このストレッチは梨状筋と呼ばれる股関節の外旋動作や多少の外転動作に関係する筋肉を伸ばします。

 

梨状筋は骨盤を構成する骨の一つである寛骨にある大坐骨孔に繋がります。

 

梨状筋を境に梨状筋上孔・梨状筋下孔に分けられ、

梨状筋上孔を上殿静脈と上殿神経が通り、

梨状筋下孔を下殿静脈と下殿神経が通ります。

梨状筋は静脈や神経の通り道の為、固まってしまうと血行不良や神経痛を引き起こす可能性があります。

 

 

しっかりとストレッチをしてほぐしてあげましょう!

 

 


安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information

コーレス骨折 勉強会  ~安心堂南砂接骨院~

こんにちは!

先日、外傷セミナーに行ってきました。

テーマは「コーレス骨折の整復法と固定」です。

 

コーレス骨折とは転んで手をついた時に起きる、
手首近くの前腕骨の骨折で骨折の中でも発生頻度は高いものです。

 

 

「コーレス骨折 イラスト」の画像検索結果

 

 

骨折の位置を解剖学的にしっかりとイメージしながら、
整復と固定を行い、しっかりと習得することができました!

 

 

 

 

これから日々の臨床で生かしていきたいと思います。

 

 

今回、指導してくださった先生は
江東区亀戸駅近くにある、

 

五ノ橋クリニックの院長の山口 真一 医師とそのスタッフの方々です。

 

当院ではこちらの病院と提携をしています。

 

レントゲン撮影などもすぐに紹介することができ、
医師と連携をとりながら治療やリハビリを行うことができるのも当院の強みとなっています。

 

ケガでお困りの方はぜひ当院にいらして下さい。

 

安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information

変形性膝関節症 ~安心堂南砂接骨院~

こんにちは!

 

 

今回は膝の変形性関節症について紹介していきたいと思います。

 

 

この症状は高齢者になるとなりやすく特に女性に多くみられます。

 

 

この関節症の症状として

・膝の痛み

・関節内に水が溜まる

・立ち上がりや歩きはじめなど動作開始時での痛み

・正座や出来ない

・階段の昇降が上手く出来ない

・変形が進むと変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になる

 

 

などの症状が診られることがあります。

 

 

原因も幾つかあり、加齢により軟骨が弾力性を失うものや歩きすぎ等の使いすぎから

軟骨がすり減ってしまい変形してしまいます。

他にも体重増加、以前に膝の骨折、靭帯や半月板を損傷するなどの外傷をしていると

変形しやすくなってしまいます。

 

 

変形してしまうと元通りに戻すのは出来なくなってしまうので

膝のサポーターを着けたり足底板をいれて膝への負担を軽減させたり

注射や痛み止めの薬または筋肉の緊張を緩和させる事で痛みを和らげる方法があります。

 

 

また太ももの前や内側の筋肉をトレーニングすることで可動域の改善が望めます。

※椅子に座り膝を伸ばした状態で5秒キープしたり寝た状態での足上げや柔らかいボールを足の間に挟み押しつぶす運動などがあります。

 

 

膝の痛みに対して太ももやふくらはぎの緊張から痛みを

強く感じさせてしまう事があるので足の筋肉の緊張を和らげる

マッサージ治療等も効果的です。

 

 

このような症状や痛みでお悩みの方は当院までご相談下さい!!

 

 

安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information