脊柱管狭窄症について~安心堂南砂接骨院~

こんにちは! 安心堂南砂接骨院です!

 

 

今回は高齢の方によく診られる脊柱管狭窄症について紹介していきたいと思います。

 

 

この疾患の症状でよく言われているのが間欠性跛行です。

 

 

この症状は太もも~膝下、足底までに痺れと痛みが出てきて

長い距離を続けて歩く事が出来なくなってしまいます。

ただ、前かがみになったり腰かけたりして休憩すると痺れ、痛みが軽減されます。

そしてまた歩き出していくうちに痛みと痺れが出てきてという感じに

痛みと休息を繰り返します。

 

 

この脊柱管狭窄症の病態は加齢、労働、背骨の病気などで変形した

椎間板や靭帯、関節、背骨から突出した骨が神経を圧迫し血流を低下させてしまう事で

発症してしまいます。

 

 

この疾患は骨が変形することで発症してしまいます。

骨の変形が進んでしまうと骨が元通りに戻る事はありません。

症状を落ち着かせていく為にはコルセットの着用

ブロック注射リハビリテーション血行を良くする為にマッサージ等も

効果的です。

また、日常生活では姿勢を正しく保つことが大切です。

歩行時には、身体を軽く前傾させると症状が落ち着くので

杖をついたりシルバーカーを押しながら歩くと痛くなりにくくなります。

 

 

この疾患は放置していても改善をしないので

ご相談や気になる事がありましたら当院までご相談下さい。

 

 

安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information