変形性膝関節症 ~安心堂南砂接骨院~

こんにちは!

 

 

今回は膝の変形性関節症について紹介していきたいと思います。

 

 

この症状は高齢者になるとなりやすく特に女性に多くみられます。

 

 

この関節症の症状として

・膝の痛み

・関節内に水が溜まる

・立ち上がりや歩きはじめなど動作開始時での痛み

・正座や出来ない

・階段の昇降が上手く出来ない

・変形が進むと変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になる

 

 

などの症状が診られることがあります。

 

 

原因も幾つかあり、加齢により軟骨が弾力性を失うものや歩きすぎ等の使いすぎから

軟骨がすり減ってしまい変形してしまいます。

他にも体重増加、以前に膝の骨折、靭帯や半月板を損傷するなどの外傷をしていると

変形しやすくなってしまいます。

 

 

変形してしまうと元通りに戻すのは出来なくなってしまうので

膝のサポーターを着けたり足底板をいれて膝への負担を軽減させたり

注射や痛み止めの薬または筋肉の緊張を緩和させる事で痛みを和らげる方法があります。

 

 

また太ももの前や内側の筋肉をトレーニングすることで可動域の改善が望めます。

※椅子に座り膝を伸ばした状態で5秒キープしたり寝た状態での足上げや柔らかいボールを足の間に挟み押しつぶす運動などがあります。

 

 

膝の痛みに対して太ももやふくらはぎの緊張から痛みを

強く感じさせてしまう事があるので足の筋肉の緊張を和らげる

マッサージ治療等も効果的です。

 

 

このような症状や痛みでお悩みの方は当院までご相談下さい!!

 

 

安心堂南砂接骨院

〒136-0076 江東区南砂2-37-12 パブリックハイツ102

TEL/FAX:03-5632-8500
HP:http://anshindou.jp/information